4月

 

4月は何となく慌ただしい気持ちになるね、思わない?

 

環境の変化とか、そういうのにどう対応すれば良いんだろうね。
慣れないなぁ、、

 

四月だからとかではないけれど新しいことを始めたくなって
中国語をもう一度勉強しようかなと思いテキストを買ったよ。
まだ手付けてないけど、、、。

 

中国語話せたり聞き取れたらいいなぁと思う。
ことばの響きが美しくて好き。

台湾に行った時に簡単な会話がしたいなぁ、と思って。


あとは、仕事用ではなくて会社に行くまでの靴を新調したり(レペットではないメイドインジャパンのバレエシューズ)LUSH福田花音ちゃん(元スマイレージ)と同じクレンジングを買ったり
お金が目に見えて飛んで行く。。


でも、季節外れの誕生日プレゼントを貰ったりしてなんだかむず痒くて嬉しかったなぁ。

人から何か貰ったりあげたりするのって好き。特に特別な理由もなく花束とか貰ったら惚れちゃうかもね💐


最近興味があること…なんだろう仕事が忙しくて(とか言い訳)映画も見れてないなぁ。

 

ただ一つ今気になってるのがたまたまテレビ出見た朝鮮戦争のこと。
この間NHKのドキュメンタリー番組で草彅剛が韓国にちょっとだけ住んでみるってのがあって、
たまたま仕事から帰ってきてぼーっとテレビ見てたら深夜の1時くらいから始まったのね

 

草彅くんが住むことになったのは北朝鮮に近い韓国の地域で、そこには脱北者の人たちが独自の地域のコミュニティを作ってた

 

日本を嫌っているってこと、それだけが先走ってて私はあんまり好きになれなかった国

 

だけど番組の中でおばあちゃんが
日本人が嫌いなわけじゃないの、ただ胸が痛いの
そう言ってた。

 

そりゃそうだよなぁ。大好きな故郷から追われて家族や友人ともばらばらになって
自分たちが悪いわけでもなんでもないのに国を真っ二つにされて

 

それが良い思い出になる訳なんてないよなぁ。

 

私たちも結構そういうことあると思うんだよ
嫌いなわけでは無いんだけど
その人に言われたされた事がずっと胸に引っかかって
ただ胸が痛いってことあるよね?

国単位で見るといい面も悪い面も極端に見えるけど
人1人を見ていたらただ故郷に帰りたいひと、家族に会いたいひとがいるそういう実態が現実なんだ。

 

戦争は本当に理不尽に人から色んなものを奪ってしまう。

 

海外に行くと日本って割と人気があって親日な国も多くて、って思うけど

過去の歴史とか、その中の本質を見ないと分からないことっていっぱいあるんだろうなぁ

 

私はやっぱり旅に出たいなぁと思うし
もっと色んな知らないことを知りたいなぁと思う。


突然そんなことを思ったりしたけれど、気がつけばもう桜が散っている。
今年はお仕事であんまり外を見る暇が無かったな…
桜のエネルギーとか毎年必ず咲いてくれる安心感とか


すごい。

 

「今年も」とか「来年も」とか分かり切ってることってそうないから
だからすごいなぁと思う。

 

友達ともね、今年も会おうねって言いたいなぁ。今年は、は嫌だよ。

 

今年もよろしくね。2018年になって3ヶ月たったけど
今年も会おうね!

 

 


3わい

23歳のはる。

 

2018年4月1日から

近くの洋菓子屋さんで

働かせてもらうことになった。

 

 

 正直、根暗で対人力が無いため

めちゃめちゃ緊張している。

本当に緊張している。

怖い。胃が痛い。

涙出てくる、これは緊張でやけど

 

職人の仕事で

怒鳴られたりするのが

当たり前の世界や

 

でもその世界知らんのに

店を持っていいのか

お菓子好きやって言うていいのか

って思ってたことであるから

絶対通らないとあかん道なんやわ

 

 

たぶん辞めたいと思うでしょう

現実見て泣くこともあるでしょう

休みはないでしょう

 

でもこれから

私が身を置く環境は

どんな人よりもきっと

甘い甘い環境で

比べもんにならんと思う

くそ甘く生きてきたから

私が今まで経験してこなかった

怒られて縮こまんのを経験するチャンスやな

 

辛い時にこそ

下をみて自分を励まそう

 

 

学校出てないからこそ

でっかくなりたいし

学校出てなくてもできるって

証明したい

 

 

何も始まってないのに

始まることに恐怖を感じる私でした。

 

 

f:id:kyoto_kyo31y:20180330133445j:image

 

 

どすこいわい🍙

 

会社辞めて実家戻ってきて

だらだらしてて

あれ私、お菓子屋さんやりたくないの?

ってだらけてた時があったけど

 

 

終わらせる勇気があるなら

続きを選ぶ恐怖にも勝てる

続きを進む恐怖の途中

続きがくれる勇気にも出会う

 

 

これからの環境は、

自分がやってきたことが

そのまま私になって現れると思う

こうじゃないと思うなら

努力と経験が足りないだけ

色んなものを見て目を肥やして

自分のものにしよう

 

人間力と対人力と忍耐がないのも

今までやってこなかったからで

 

少しずつしかできないと思うから

 

 

いつまでもお菓子を見てられる

洋菓子店を持つまで

小さな目標を糧に

恐怖やら挫折に向かっていこう!

 

そして結婚もする!

そしてフランスとドイツで郷土菓子を見まくる!

 

 

28日の日記

今日は朝9時くらいに起きて
そのあと大手筋の病院へ。

 

診察後ひとり踏み切り前にある中華飯店に入って担々麺と焼飯セットを注文。


笑えるくらい美味しかった。5年も通ってて始めて入ったけど、もっと早よ入ってれば良かったなぁ

 

駅から家までの帰り道、桜見てたらゆっくりこうやって外歩いたの久しぶりで
見るもの全てに感動しててなんか笑えた。


自分ほんまに余裕なかってんな。


前日泊まりの研修で全然眠れなかったので
まとめて睡眠とろうと思って昼寝

 

四時くらいまで寝て
ライブ行く用意して
ポン菓子食べてJRでなんばまで

 

なんばハッチは銀杏ボーイズのライブ以来やから去年の7月以来か。
内定決まる前の日だった。


用事はALのライブです。
ALってのは小山田壮平長澤知之と寛と後藤くんのバンド、ざっくり言うと。

 

自分も子どもやったし(精神的にね)andymori解散後は頑なにライブ行かんしCDも買わなかったのやけど

 

ようやく観に行ってもいいかなぁ〜って思ってチケット取ってみたよ。

 

あ、小山田のライブはチケット取れんかったってのもあるけどね。

 

なんばハッチこんなに寂しい感じやったっけか

なんか開演前って混沌としてたイメージあるけどなぁ

 

あの時は学生やったしかもねえ。くるり観に来たこともあったよな、母と。andymoriとの対バン。

 

肝心のライブはねぇ
一曲目のNOW PLAYNGから泣いたー笑

 

歌声を聴いた瞬間、もう気持ちが抑えられんくって


うわぁ〜〜って涙溢れてきてひとりで号泣笑 私ぐらいやろな一曲目から泣いてたの…

 

やっぱり只者ではないですわ、小山田壮平

 

なんでなんやろねぇ、あの歌声を聴くと自分の全部が見透かされてるみたいで全部許されてるみたいで

 

あったかくなる。世界がひっくり返るよ。

 

もう色々込み上げてしまいました。びっくりするほど

 

ライブはすっごい楽しかったよ!

 

あのねぇ、寛(オン ベース)の方みて笑いながらギター弾くの好きですとても。照


andymori解散前の苦しそうな印象が強かったから

 

あぁほんまに好きな音楽できて楽しそうやな
って感じて嬉しかった。

 

壮平くんはステージに立ってスポットライトを浴びて


歌を歌っている時本当に息ができるというか
生きることができる人なんだなあ

 

たとえ私が淡々とした日常を送っていたって
離れた地で歌ったり踊ったりお酒飲んで酔っ払って楽しくなったり反省したり

 

そういうことを続けてくれていたらそれだけで私はとっても幸せなんです

 

一回死にかけてるんだからさ
私も解散後一回灰色になってるんだわ。

 

だから生きてさえしてくれれば
私も生きていこうと思えるんです

 

そんなことをようやく思い出せて本当に感動的なライブでした。

 


桜が咲いたり散ったりするね
元気でいてね、それぞれの場所で生きましょう。


3わい

きょうのとうきょう。そのさん。

 

朝の6時に起きて、

布団を袋に突っ込んで

残りの荷物を段ボールにつめて

引っ越し業者を待っていた。

 

 

8時すぎくらいに業者さんがふたり

来てくれて、

30分もかからないくらいで

荷物を運び出してくれた。

 

 

東京に来たての頃

部屋で何もすることがなくて

そわそわしていたな。

 

一週間で一人暮らしに慣れ始めて

それから、どんどこ本や食器や服を買いだしていったな。

 

 

荷物が無くなった部屋は

こんなにも声が通るのかとびっくりした。

 

うーん、

本当に思い出って美化されるっていうけど

ほんまやなと思うなあー

 

 

 

そんなわけで今日は

キャリアウーマン最後の東京。

会社員を逃げてから

会社員をみると、

みなさん頑張ってるなあと

なんか自分の弱さに悲しくなった。

小さい経験やけど

色々感じる事は多かったな。

 

ちゃんと勉強すること

時々自分に何ができるかとか

何がしたいかとか聞いてみること

もっと周りを見ること

私の場合やけど。

 

 

最後の東京は、家を10時に出て

池袋で通いつめたアイスクリーム屋さんへ。

 

よもぎとさくらのジェラートを食べた。

ジェラートとコーンの相性が最高なのよ。

 

f:id:kyoto_kyo31y:20180314195725j:image

 

かわいい色や。

よもぎもさくらもやさしーい味。

サルテリアっていうところで

とてもおすすめ。

東京いち、美味しいアイスクリーム屋さんかも。

種類がたくさんあって

季節ごとに変わるのよ。

 

 

それから池袋から目白の

エーグルドゥースへ。

ケーキを3つ食べました。

 

 

それから銀座へ行って

 

ピアスを1つ買って

ナイルレストランへいって

ラムカレーを食べて

 

 

歌舞伎座の近くにある

アメリカンでびっくなサンドイッチを

買おうかと思ったけど、

作れるな、、、と思って

購入は断念

 

 

それからそれから

東京駅まであるいて

少し散策して新幹線で早めに大阪へ。

 

 

ケーキ屋さん巡り、

またしたいなー

 

 

ばいびー東京

はろー大阪

 

 

どすこいわい🍙

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きょうのとうきょう。そのに。


今日は8時に起きて、

冷凍庫の野菜をレンジでチンして食べた。

昨日の残りのエーグルドゥースのメレンゲも。

 

 

それから荷物を段ボールに詰めて、昼の12時。

お化粧をして、家を出た。

 

 

まずは浅草から30分歩いたところにある

自家焙煎珈琲バッハへ。

 

 

カウンターに案内してもらって

バッハブレンド
チョコレートケーキ、
シュバルツヴェルダーキルシュトルテを。

 

 

バッハブレンド

当然美味しかったけれど

最近、珈琲の正解がわからない。

 


同じ温度、同じお湯の量、同じ動作で

珈琲を淹れられる事ってあるのかな、、、

 

 

チョコレートケーキは

ガナッシュとココアスポンジが層になってる。

もっそりまったりとした感じ。

 

 

キルシュトルテは

削ったチョコレート、

クリーム、

ココアのスポンジ、

シェリー酒が効いたゼラチン入りのクリーム、

シロップ漬けのすっぱいさくらんぼ、

薄いクッキー生地。

 

 

大きさの割にクリームがさっぱりしてるぶん、

すぐに食べきってしまった。

 

 


またまた食べ過ぎたので、

浅草から三ノ輪まで歩いて

電車揺られて銀座に行ってきた。

 

 

まずユニクロ

黒いシャツワンピースを買った。

 

 

長く着れそうでいい買い物をした。

 

 


それから、トリコロールへ。

 

 

私はいまサバランウェーブに乗っているので

サバランに会いに行った。

 

 

でも、サバランは売り切れていて

またの機会にしようと

トリコロールとはお別れした。

 


銀座を練り歩いていたら

資生堂パーラーを見つけて

そのなかにあった冊子を頂戴してきた。

 

f:id:kyoto_kyo31y:20180313235333j:image

 

ザイン創始者のページがあって

何となく運命を感じたから。

 

 


またまた電車に揺られて

銀座から恵比寿のレザネフォールへ。

 


勿論、サバランを注文。

 

 

サバランは

表面をキャラメリゼしたカスタード、

シロップで少し煮たオレンジ、

オレンジピール

あんこみたいな栗のペースト、

ラム酒にひたったブリオッシュ、

柔らかなラムレーズン。

 

 

それぞれとっても味がしっかりしている。

一緒に食べても全てがまとまる。

 

 

ラム酒のパンチはすごいけど、

カスタードがそれを和らげてくれる。

 

美味しい。

 

f:id:kyoto_kyo31y:20180313235023j:image

 

 


またまた食べ過ぎたので、

恵比寿から代々木上原まで歩いて

 

 

アステリスクへ。

 


勿論、サバランを頼もうとしたのだけど、

 

 


ドーハの悲劇ならぬサバランの悲劇、、、

 

 


閉店間近で店に並んでなかった。

 

なので、

アイアシュッケと

白桃と赤桃とシャンパンのプチガトーを。

 

 

アイアシュッケはドイツのチーズケーキで

ほろほろのクランブル、

パルメザンチーズが散りばめられた

ベイクドチーズ、

ブルーチーズが入ったベイクドチーズ、

ラムレーズン、

パイクッキー。

 

f:id:kyoto_kyo31y:20180313235216j:image

 

 

ほんのーりの甘みのなかに

ほんのーりの塩気があって、

ワインに合うケーキってこういうこと??

って思った。

 

 

 

プチガトーは

いちごと小さくて赤いベリー、

シャンパンのゼリー、

表面があぶってあるベリーのムース、

オレンジ?のチーズムース、

白桃のコンポートが入った赤桃のゼリー、

シロップ漬けのカステラみたいなスポンジ。

 

 

f:id:kyoto_kyo31y:20180313235241j:image

 

 

それぞれはさっぱりしてる。

全部一緒に食べると赤桃ゼリーの酸味が

アピールしてくる。

 


という感じで今日も

たっぷりケーキをいただいた。

 

 

……………

 

 


今日の東京は

昨日よりも春の香りが濃くなっていた。

でも昨日と同じように

濃くなった春の香りでこころがじわんとした。

 

 

f:id:kyoto_kyo31y:20180313235314j:image

 

 

東京を歩くのが好きだと思うときは

好きな服を着て

息を切らしながら

早く家に帰りたいとか、

この先には何があるのかなとか思いながら

旅行では歩かないような坂道とか脇道を

旅行ではかけられない時間をかけて

一心不乱に目的地にむかって歩いてるとき。

 

 

たぶんこの景色は

私しかしらないんだろうなと思ったとき。

 

 

f:id:kyoto_kyo31y:20180314001003j:image

 

 

東京の夜を歩くと

車に乗って高速道路を走った

幼い頃の感覚に似ているし、

 

東京はまだまだ知らないことばかりで

日本にいるのに別の国を

歩いている気分になる。

 

色んな日本人にすれ違うけど

刺激を受けることが多かった。

日本にはこんな世界があるんだな。

 

 

ここを去ることが決まってる上で

まちを歩くと、

単純にすごいまちにいるんだと思えた。

 

日本の首都にいるんだ。

 

 

うーん、

 

このまちにまけたくない

っていう思いが重なったのが

東京なのかなと思う。

 

 

f:id:kyoto_kyo31y:20180314001033j:image

 

裏通りで

裾をゆらす

銀座の風は全てを景色に変えた

 

 

うーん、

単純にマダムがかっこよかった。

 

 

 

どすこいわい🍙

2018.3.14   00:11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春の日

 

cmでも人生は夢だらけって言ってたりする

あの言葉いいな、でも本当にそうなんだろうか

 

夢があるっていいなぁーとか、自分には無いなぁって思ったりもする

 

人生の夢ってぱっと思い浮かばないんだよなぁ


ただ、いつか家庭を持ってみたいと思うことはある。

今ある自分の家族みたいな
そんな家庭を自分も作れたらなぁって。

 

自分のことで悩んだりするのはもういいかな。

ひとのことを考えたり尽くしたりする生き方がしたい。

 

 



そんなことを以前下書きに残していて
ふともう一度考え直してみたんだよ。

 

突然だけど、一昨日ミツメのライブに行ってきた(ミツメっていうのは私が愛してやまないバンド)。

 

実は数を数え切れないほどミツメというバンドを観ている

 

ミツメに関しては、良さを共感してほしいとかそういう気持ちも無くて

 

それより初めて聞いた時に、やっと自分にぴたっとはまる自分の人生みたいなバンドに出会えたって思えた音楽だった。


(andymoriは余りにも眩しすぎて
余りにも自分の愛が重かったから
解散してから気持ちの持って行きようがなくてすこし疲れてしまった。)


ミツメは何も語らないしただそこに音楽があるっていう
存在自体が不思議なバンド。

 

大学に入ってからも特に義務感もなしに
気が向いたら観に行くって感じで

 

ただ、ミツメのライブを観ると本当に心地良くて自分が満たされて幸せでいるのがわかるんです。


多分四回生のころかな
もうこのミツメのライブを観終わったら次いつ見れるか分からないよなぁって

 

もう見納めかもなぁって思って観たライブがまた最高だったんですよ、あれは京都の先斗町のライブハウスだな

 

学生の時って何であんなに
社会人になった途端に何もかも出来なくなるなんて思っていたんだろう。


実際、会社に入ってからミツメのライブも2回くらい見に行ってる

 

あの時よりも一層音楽を純粋に肌で感じられるようになったかもしれない。

 

 

 

前置きが長かったけれど、

一昨日行ったミツメのライブがすごく楽しくて

 

ひとりなのになんて幸せなんだろう
なんてライブって素晴らしいんだろうって
気持ちに浸りながら夜の河原町を歩いていたんです。


その時に夢とか幸せとかってこういうことだなあって思ってしまった。

 

こういう一時の幸せが続きますようにって


例えひとりでも
はたまた二人、もっと大人数でいたとしても

 

あぁこういう幸せがずっとこの先も続きますように

 

それがわたしの夢なんだなぁと思っていたのです。

 

 


今日はいつもの犬の散歩道でつくしを見つけました

 

土筆ってかいて"つくし"

 

そりゃぁもうびっしりと川のほとりに生えていて

 

それでいて今日は綿のセーター1枚とウィンドブレーカーで歩ける暖かさだったので

 

わたしの中で春がきた日に認定させていただきました。

 

 


こういう季節の移り変わりを感じられるのもまた幸せ。


二月の私はいっぱいいっぱいで

こんな些細な変化なんて感じられなかった。

 

 


あぁ、大人になるのも悪くないのかなぁ

でも責任感とかそういうの背負いたくないなぁ

とか今でも色々思うけれど、


幸せは案外自分の近くにあって

 

手を伸ばせばすぐにでも届くようなそんな距離にあるって思っていれば


案外やり易くなるのかも。

 

 

 

そうやってこれからも生きて行くのだ!
忘れないようにね、書いておきたかった

 

そーんな日記。

 

f:id:kyoto_kyo31y:20180313232547j:image

タロがつくしに興味津々!

3わい

 

 

 

きょうのとうきょう。

 

あさ6時に起きて、ゴミを出しに行って
少しお茶を飲んで、

昨日買ったお菓子を食べた。

 

エーグルドゥースの
焼き菓子3つと貰い物のお菓子を2つ。


食べたあと眠たくなって
プチロフトに上がって二度寝をした。

 

起きたら10時40分。

 


ゆらゆら身支度をして
どこへ行こうか迷って、
辻口シェフのケーキ屋さんに行った。

 

ホワイトデーシーズンで
イートインはしてなかった。


だから色んなケーキの中から1つ選んで、
幼稚園児がワイワイしてる公園で食べた。

 

チーズとクリームのムースに
小さいアップルミントが散らばっていて


その中には、アップルミントとおそらく少しの
ローズマリーで香りづけしたジュレ
オレンジのすっぱいムース、
紅茶なのかりんごなのかのジュレが入っていて
一番下にはココナッツのクッキー。

 

すっぱくてさっぱりしてて
小さくて白くて、一番上には
小さなお花とローズマリー、セージが
のっていてとっても可愛くて美味しかった。

 

f:id:kyoto_kyo31y:20180312223927j:image

 


そのあと、別の近くのケーキ屋さんで
カシスのケーキとサバランを食べた。

 

サバランは人生初体験だったのだけど
シナモンとさっぱりチーズのクリーム、
オレンジとオレンジのジャムとピール、
赤ワインのソース、
赤ワインが染み込んだブリオッシュ、
バニラビーンズの入ったカスタード。

このカスタードはとっても濃厚だったから

トンカ豆が入ってるのかもしれない。。。

 

上から下まで全部美味しかった。
ラム酒じゃないぶん、

とっても食べやすくて。

 

f:id:kyoto_kyo31y:20180312224056j:image

 

カシスのケーキは
カシスの生クリーム、
ココアのグラサージュ
チョコレートのムース、
カシスのピューレ、
ローズマリーのムース、
ココアのスポンジ、
ココアのクッキー。

 

 

ローズマリーのムースは単体で食べると
やっとこローズマリー

香るくらいのほんのりさ。

 

カカオ系の風味は抑え気味で
カシスの酸味が一番に伝わってきた。

 

最後に、アールグレイのアイスティーを
流し込んで終了。

 


さすがに食べ過ぎたので、
自由が丘から渋谷まで歩いてみた。

 

 

一年ここにいたのかーとか


一年彼氏できなかったのかーとか


頑張って働いたらいい家住めるんやなあーとか


色んな世界があるんやなあーとか


春が来るんやなあーとか


こんないいお店があるんやなあーとか


東京っていいところやなあーとか

 

会社辞めたんかあーとか

 

色んなことを感じていたら、
かなしくなってしまった。

 

 

東京も俯瞰的に体験してると
とてもいいところだと思う。


自分の気持ちに流されるとどんなものでも、

よく見えたり、よく見えなかったりするな。

 

 

渋谷までのとあるセレクトショップ
GUCCIのヒールが高いローファーと
salavatore ferragamoのパンプスに
心惹かれたのだけれど、我慢した。

 

自分をほめよう。


もっと価値のあるお金の使い方をしたいし
もっとブランドの価値が分かってから買いたい

 

って、


そこが何となく引っかかってたから
買わなくてよかった。

 

いい靴を買うのはとっても賛成なのだけど、
タイミングだったのね。

 

 

渋谷から新宿まで歩こうかと思ったけど
キャピタル珈琲の珈琲ソフトクリームを
食べて一服してたら、


もういっか。ってなって
結果的に歩いた分の

カロリー摂取したなーって。

 

まとまりの無い

文章でした。

 

 

どすこいわい🍙