台北通信。

次も絶対ここにするってくらい気に入ってしまったホステル。

 

台湾は雨が多いそれも雨季だからでしょう。
旅行先でこんなにゆっくり過ごすのは初めてかもしれないってくらいリラックスしている。


窓ガラスから台北の雨がしとしと降る様が見えて、グリーンと木造の木組みがなんとも素敵。


BGMには一昨日ライブで見たDSPSを流している。
彼女の歌声と音の空気感が、あぁリアルな台北なんだろう、と。
退屈な街とは言うけど、それはきっと住んでみてわかることだろう。


私には刺激的な街だとも思うけれどそれは旅行者、異国民としての視点でしかない。


とにかく一昨日のThe Wallでのライブが今の台湾を表していて、若い子の関心とか観光だけでは見えない生の声みたいなのが聴けたのがこの旅の一番の嬉しかった出来事。


たまたまお話してくれた女の子はすごく日本語が上手で、踊ってばかりの国と下山が好きで
それも驚いた。


昨日は台湾師範大学に行ってみた。
自由そうに見えて、それなりに若い悩みを持ったり将来のことを考えたりもしているんだろう。

 


そのあと通り過ぎた女子校の高校が、集団行動(競技の方の)の練習みたいなのをしていて
あぁ女子校ならではのぴしっとした空気だ、それでいて女の子の甘い空気があって
なんとも言えない懐かしい気持ちと新鮮な体験をした。

 


あぁ分かった。台湾は雨に濡れるから植物ものびのびしていて、人はゆったり構えているんだ。


台北駅の周辺には家のない人
地下鉄の出口に物売りの哀しげな声が響いて
見て見ぬ振りをする自分が悲しい

 


台湾という島国にいるのにそんな感じがしないというか、島国の閉塞感を感じない。
でも大陸の影響みたいなのも感じない、いまのところ

不思議な街だなーと思う。


今までの4回は完全に観光客の視点でしか見えていなかった台湾

 

今回は台北だけだけど一人の日本で生きてきた24歳の人間が見る台湾ってどんな国?って感じで見てきたわけだ。

 


まだまだ雨が降っている。
昼過ぎまでゆっくりしようかな。

 

f:id:kyoto_kyo31y:20190528115310j:image

 

喫茶店

イノダにはこないだ振られたばかり。
お気に入りはポルタの地下

 


イノダに限らず、日常の中に喫茶店カフェがあるというのはとても良い。
気持ちを整理することができるし、
こうやって日記を書いたりするのも楽しい。
従業員のユニフォームも好きだ。

 


休みの日は眠くて眠くて、
最近映画を見る回数も減ってしまった。


日常に映画や音楽がないと心が荒んでしまう気がして何か無理矢理にでも観ようとするが、それも出来ない。


最近で言うと「Call me by your name」が感動し過ぎて、引きずっている。しばらく他の映画を観たいと思えないくらいに本当に良かった。


それからティモシーシャロメの虜だ。スマホのロック画面も彼。


美しいものへの憧れが強い。自分に無い浮世離れした美しさに憧れを強く持ってしまう。

 


「アバウトレイ」も良かった。
エルファニングが主演だと何でか見てしまうね。


同性愛やトランスジェンダーをテーマにした映画はすごく美しいと感じる。苦しいけれど。


異性間に無い友情を超えた愛情というのは無敵で隙がない、本来の強い絆のようなものだと思う。
それは揺るがないアイデンティティである。

 


相変わらずマイペースに本を読む。
最近アジア諸国の歴史に興味を持ちはじめた。
日本からの視点ではなく、外から見た日本を知りたい。


林京子の「上海」がすごく良かった。
思い出は美化されるというけど、まさにそのことを考えさせられた。


「台湾」の歴史について知ろうと思い、本を一冊買った。筆者は日本統治下の台湾に生まれている。想像以上に複雑な歴史だ


もうすぐ台湾にひとり旅に行く。
先日新しく作った10年パスポートを受け取りに行った。


パスポートを手にしたら、何処へでも行ける気がしてなんだが嬉しくなってしまった。
わたしは身一つで日本を飛び出すことができる、その権利をもらったようでなんだかワクワクする。


なんでこんなに台湾に惹かれるのだろう。
私は台湾へ行くたびに日本の片鱗を探してしまう。


台湾に自分の理想を見ているのだ。本当は明るい面だけではない影の部分もある国。


だけど台湾のことを考えるとワクワクが止められない。あのじっとりとした湿度を求めている。

 


そんなことを書いていたらまた数日が過ぎた。
仕事はほんとうにやり甲斐が分からず
と言うか部署を移動してから自分の存在意義がわからない。


私は本当に人にストレスを感じやすいのだろうと思う。
元々はそんな自分の性格を責めていたけれど、変えようもない性格をどうにかしようとも思わなくなった。


人が人らしく生きていける社会ってなんなんだろう。


今の社会は磨耗していて疲れてる。

 


 
今日は梅園のクリームみつまめを食べた。
寒天の食感が好き。やわい白玉も。てんこ盛り豪華な贅沢。


コトバトフクで初対面の店員さんと音楽の話に花が咲き、いいお値段の革のベルトを買った。
可愛いから後悔はしていない。


ワインが飲みたくて適当に千円のワインを買った。
今日はお好み焼きらしい。最高だ。

 


こんな日が続きますように。

 


そして日は過ぎ今日から少し旅に出ます。
3わい

平成

平成、疲れてた それはとても


どこにも行けず止まれずに


夕焼けよ 通りを覆え 赤くあれ

 

平成、眠っている 小さく熱く


ヘッドライトが壁で遊ぶ


嗚呼夜よ 子供達に静かなれ

 

平成

 

平成、咳をする 低く深く


あらゆる苦を噛み直す そして


歌いだす きみが笑う


幸、おれたちに 多くあれ

 

平成

 

 

 

 

折坂悠太の平成、いい歌詞だなぁ。

 

良くも悪くもない、むしろ暗い話題が尽きない年だったと思う。

 

天災も多かったし、昭和の価値観が揺らいだ年でもあったんだろうな。

 

生まれる時代なんて、そう大差はないと思えど

この30年間の変化は大きかったろう。

 

どんな時代も、夕焼けは優しく、平等に

私たちを包んでくれるね。

 

特別好きでもないけど

自分が生まれた時代として、過去に刻まれていくのだろうな。

 

ありがとう平成、どうか安らかに。

 

そして新しい時代に、私たちは何を遺していけるだろうか。

 

 

 

 

 

5月休みが取れたら台湾いこーっと!

3わい

寒くて、どんよりして、またどんより。

今日で平成最後なのね!

渡辺直美のインスタグラムで気付いたよ!

 

 

私にとっては、平成が終わっても

何の感情もないのですが

(だと思う。)

 


今の気持ちは、

私生活、さみしいなって!

 

 

数日前まであったかかったのに

最近寒すぎる。病む。

まあー冬は合わないんだなあと

実感だよ。病む。

 

 

f:id:kyoto_kyo31y:20190430162225j:image

 

 

 

私は写真がすきな気がしてて

カッコいい写真撮れたなあーとか

綺麗な写真撮れたなあーとか

思った時に

やっぱり写真っていいなあーって

思うのだけれど。

 

 

 

それって、結局自己満足というか

自分に溺れてるだけなのかってふと思う。

 

 

恥ずかしいというか、

必要なのか、私がする行為は、と。

 

 


誰かを可愛く、綺麗に

その人らしい写真やら

その人の空気感が出てる写真を撮れたら

とっても嬉しいんだけど。

(それがツール的な感じに思われてるなと

感じるとショックなんだな。

いや、撮ってんのお前だろって

矛盾したおかしな話なんだけれど。)

 


たぶん私もそれが嬉しいから。

楽しい思い出を振り返るのは楽しい。

ここでは撮りたくない、

目でなぞりたいって思う場面もあるけどね。

 

 

でもその事が本当に

誰かを幸せにしてるかは分からないし、

 


そもそも撮られたくない人だっているし。

信頼できる人とかじゃないと

撮って欲しくないって人もいるだろうし。

 

 

私が今までしてきた事は

自己満足、自惚れに過ぎないんだなと思う。

本当に大事なものだけ残せばいいか。

 

 

自分がして気持ちがいい事

って世間の正論ではないよね。

 


うーん、考えすぎだろうか。

もう少し自分を褒めないと

こころが暗いままだな。

生理前は特にこうなる。

しんどいな。

 

 

 

 


ずっと生花を買いたいと思っていて

買った。

小さい幸せだなって満足した。

豪華ではないけれど

嬉しい買い物。

 

 

私はいまこんな些細なことを

共有できる人を募集してます。

 

 

たまたま菜の花の写真を

ずっと飾ってたのよ。

捨てたかった写真なのだけれど。

すきで捨てられなくて。

 

部屋を整理した時に

この花の後ろに飾ったら

なんだかいい感じになって。

 

こういう瞬間に

何でも必然的なんだなあって

こういう瞬間にだけ

肯定的に捉えてしまうんだよな。

 

f:id:kyoto_kyo31y:20190430162159j:image

 

 

同じ土の上に生えた木からできた

みかんでも

甘いやら酸っぱいものはありますよー

 

 

ごめんなさいね。

 


どすこいわい🍙

 

 

 

生活

 

仕事を辞めてひと段落したら海外に行きたい


飛行機に乗りたい


飛行機に乗って地上から浮いている間の所在の無さとか


そういうものが好きだ。


私はもう少しお金に執着した方が良いらしい


そういう事は今からちゃんとしておかないといけないみたいだ。


最近天気が良いので気分もいい。


大阪の工場地帯と汚い川に浮かんだ桜の花びらが美しくて不気味だった。


桜は美しくて可愛らしい
けど、少し怖いね。

 


何かに熱中したり執着したりする事が
最近無いのかもしれない


執着することは良い部分と悪い部分があるね。

 

私は何に執着しているんだろう…

 

 


寒い春の雨がしっとりしている。
雨の日は部屋にいるに限る。


今日は昼に目が覚めて、映画を少しみた後


最近少しだけ吸ってるタバコを1本吸って


その後まだ開封前だったミツメのレコードを開封してレコードを聴きながら部屋でゆっくりした。


スコーンを焼いて3つ食べた。
それからまた部屋に戻ってレコードを聴いた。


人と会うのは楽しいけど、一人でゆっくり過ごすのも好き。


寂しい時は友達に会ったり、音楽を聴きにいったりして寂しさを紛らわしたいし


忙しい時は一人の時間を設けてゆっくり過ごすのも大切なんです。

 

 


今年中に日本を出る準備をしています。
実現できれば良いけれど自分は小心者だから不安だ。


どうしてか日本を出て暮らしてみたいと思った気持ちを忘れたく無い。

 

 


歌を聴くようにふらっと旅に出られたらと思う。


今がその時だと思えたならチャンスだ。


お金はあるに越した事はないけど


無くてもなんとかするだろう、無いならないなりに。

 


春には桜を見て、夏には浜辺を歩き、秋には紅葉狩り、冬は宿に積もる雪を眺めながらゆっくり湯に浸かるような


そんな贅沢ができれば良いのだけれど。

 


………………………………………
イライラした時はもっぱら
小説を読むに限る あとコーヒーを飲む
る。

 


刺さった棘のある言葉や態度なんか忘れて
とりあえず前を見る。


居心地の悪い世界には背を向ける。


やりがいや生きがいなんか考え始めたらきりがない。


………………………………………


最近また音楽を聴くのが楽しい。


今日はLPを一枚と折坂悠太さんのCDを買った。
此間流れてきた声がすごく印象的だったので。


良いものは繋がっている。もっと世界を見たい。

 


ライブはひとりでひっそり観て、
幸せな気持ちを胸いっぱいに溜めて
ひっそりとうちに帰りたい。


音と人と繋がっている感覚は自分の中で共有できれば十分だと思うようになった。


熱狂している人も、ファッションで観ている人もそれぞれ


私は私の中で喜びを溜め込んで
その輝きをそっと胸にしまっておく。


ちゃんと自分に必要な時間を設けて
必要なものにお金をかけていこうと思う。


よって音楽と本に関してはお金を費やすことを辞めたくない…ただの浪費家…。


…………………………………………………


今気持ちがちょっととっ散らかっている
気持ちと身体はリンクしている。


食べても満足感がなくて、必要以上に食べては気持ち悪くなってしまう。


いつになったらちゃんとした大人になれるだろうか。
多分一生無理な気がするけど。


私も子どもを産んだり、保険を払ったりごく普通の生活や幸せが欲しかったなぁ〜

 


人を羨んで諦めを感じてしまっている今も。


3わい

 

 

 

軽めかるめ。

 

 

 

 

 

あー、料理とお菓子と暮らしがすきだ。

 

 

すきだー。

すきだー。

 

 

 

甘いものとサラダがあれば

私はいつまでハッピーハッピー。

 

 

 

朝から甘いもの食べて

 

あったかいコーヒー飲んで。

 

 

 

夏になれば

 

 

朝からアイスコーヒーと

 

軽めのクッキーなんかをつまんで。

 

 

最高ですわ。

 

 

今度、ウクレレを買おうと思ってる。

 

 

どすこいわい🍙

 

 

 

日々是休日。

 

お休みはその名の通り体を休める日である。


私の場合大体が美容院もしくは病院、それ以外は家でまったり。 


二ヶ月に一回の病院、一ヶ月遅れになっちゃった。


病院は面白く無いけど、そこまでの商店街が楽しい。


昔ながらの本屋さん、眼鏡屋さん、お酒屋さんにお好み焼き屋さん


それからチェーンのお店とコンビニがちらほら


私は結局ドトール派なのでサンマルクベローチェミスドを通り越す。マクド


そこでホットコーヒーのLサイズを頼んで、ゆっくり時間が許す限り街の人のよもや話を聞いているのだ。

 


純喫茶よりも街の人の様子やコミュニティがよく分かる。
この時間に暇をしているのは大体近所のおばちゃんとおじちゃん、それから休憩中のサラリーマン。


アルバイトの女の子がキビキビと働いているのを見るのも良い。


それから暇になったら商店街の中の本屋で適当に買った小説かエッセイを読む。


それに飽きたらまた人間観察……


なんて幸せな休日。

 

 

 


昨日は仕事が早く終わったので帰り道に化粧品を見に行った。気になっていた資生堂のpico。


いつも付けない色味のルージュを塗ってもらって、嬉しくて購入。


その代わり保湿は極潤の化粧水とちふれのクリーム。低価格なので気にせず使える。

 

 

 

 


先日出勤中に階段から落ちて足を捻挫してしまった。
朝からマネージャーに付き添ってもらって病院に行き、松葉杖で帰ってきた。


でも一日経ったら杖なしで歩けるようになった。


情けないやら恥ずかしいやら。
その時になんとなく、私はもうすぐこの会社を辞めるのだという気持ちになった。


なんでだろう。人の優しさとか暖かさにいつしか気が付けなくなっていた。

 

 

 


商店街に来ると過剰な人の暖かさとか、猥雑な噂話とか、おばさま同士の会話から聞こえてきた死んだ後の遺産の話とか


そういうリアリティを持ったものに触れられて、生きてるとはこういうことだなぁと思う。


今隣で80くらいのおばあちゃんが一人でミラノサンドAを食べている。


家で一人で食べるご飯よりも、商店街の人が沢山いるチェーン店で食べるご飯の方が美味しいのだ。


そして斜め前に座るおばちゃんは、ポケモンGOの画面を何度もスクリーンショットに撮っていた。


そしてそれを厳選し、要らないものは削除している。


二つ隣のマダムは韓国語のレッスンなのだろうが、後から来た講師と思われる女性と世間話に興じている。


早くレッスンに入らなくて良いのだろうか。
こうしている間も料金は発生しているのだろうか。

 

 

 

 


世の中は絶妙なバランスで回っている。
アリのように毎日せかせか働く人もいる中で、
ゆっくりと自分の時間を過ごしている人がいる。


ちゃんとそれでも世界は回ってるし、それを実感できるとほっとする。

 

 


最近ニュースを見ていたら就職活動のニュースをやっていて、毎年毎年同じように合同説明会の様子が映し出されていた。

 


画面越しの女の子に私の姿を重ねて見た。


女の子よ、必死にメモを取って一生懸命眠い目をこすりながら人事の話を聞いているね。


だけどそれがのちにあまり意味のないことだと分かるはず。みんなと同じスーツを着て同じ髪型をして、毎日睡眠不足になりながらエントリーシートを書く。


就活は縁だよ。あんまり自己嫌悪する必要は無い。


でも違和感を感じたり、私は何者なんだろうと苦悶しながら人と合わせる努力をして戦う人にとって、就活はきっといい経験の一つとなるでしょう。


腐らないで行けよ。辞めたって、失敗したって人生は続く。私は失敗した側だけどね。

 

 


そろそろお店を出る準備をしなきゃ…バスが無いんだ。


気をつけてね。また階段から落っこちないように。


3わい