しゅわしゅわ

なんとなく


仕事楽しくないな〜って愚痴をこぼしてしまった

 

今まで仕事を楽しい楽しくないで考えたことがあんまりなくて

 

淡々と過ごしてきたけど

 

なんだか上手くいかないことが重なって楽しくないと、ふと思ってしまった。

 

 


お休みは京都のTOBICHIに行って
手帳を買ったり、展示を見たり

 

昨日は久しぶりにお菓子を作った。


パブロワを作りたくて、コーンスターチなかったから無しで

 

火力強すぎたのか上手く膨らまなくてぺっちゃんこになってしまった。

 


せっかくりんごをキャラメリゼしておいたので急遽タルト生地を作って


その上に乗せて簡単なタルトに変えた。

 

 

お菓子を失敗するといつも凹みがちなのですが
それでも原因を探すのは苦ではない

 


仕事は失敗した時
次どうすればいいかって考えたって
なかなか改善されなくて


そもそも失敗した原因も本当に分かってるのかさえ分からない

 


結果が見えやすい仕事って言われるけれど
本当にそうかしら、と思う。

 

 

楽しいと思って仕事をしてる人なんて
本当はあまりいないってわかってるんだよ


インプットがないとアウトプットもできないね。 


音楽も映画も漫画も
全部疎くなっちゃったなぁ。

 

 

素敵なものに囲まれていたあの頃を思い出してなんとなく寂しくなってしまいます。

 

素敵なものは身の回りに溢れているのに
それに気がつけないのも悲しい。

 

 

 

最近お風呂に入る時に
バブが手のひらの上でしゅわしゅわと溶けていく感覚が


心地よくてこころが解ける。 

 

 

寒くなったし、もっと暖かなアウターがあればなぁ。


ムートンコート買うかな。 

ダイバーシティ


やりたくないことはやらない

っていう考えに私は賛成です。

自分の人生やし、やりたいことを

やるべきだと思う。

 

いまは会社に身を埋めてるけど

別のとこへ踏み出せないのは

勇気がないからで。


人生経験も人それぞれ全然違うから

感じ方がちがうのは当たり前なのに

自分の考えを最前で考えるひとがどうも苦手。

 

あいつはこうだ、とか

会社にいるとそんな人ばっかり目につく。

 

人のことはへぇー、そうなんや、くらいが

ちょうどいいのさ。

 


話のここまでも、話のこれからも

ゆずさんとは別の話なのかもしれないけど

 


うーん、みんなが我慢を重ねて重ねて

しんどいんだろうな。

もっと自分らしく生きたいけど

生きられないのかな。

会社にいるから自分らしくないとか

じゃなくて、自分とかひとと向き合う時間が

少なすぎるんよ。

 


だって、

家にいるのって1日の数時間。

 

寝て起きて会社、

変に群れたがる会社員に囲まれて、

きつきつの仕事に囲まれて、

きつきつの職場に身を潜めて、

気疲れははんぱやないし。


それは甘い!って思うひともいるやろうけど

私の意見としては、

ゆらりと自分の暮らしができればそれでいい。

 

キャリアウーマンキャリアウーマンしたいひとはそうすればいいし。

ひとはひと、じぶんはじぶんなのだから

性格やらをぐだぐだいうのは

おかしいことだよ。

 

いろんなひとがいるの。

とは言いながらも私は

愚痴るひとらの愚痴を言うてるのよ。(笑)

 

 

自分らしい暮らしがしたいけど
どれが自分なのか答え?を出すのは難しくて

周りと比べてしまって

これでいいのかって悩むのよな。

 

これでいいのかってよりは

ほんまに時の流れに身を任せられたらな。と

 

美空ひばりの愛燦燦はほんとに心にひびく。

 

 

しかし、群れたがり人が多い。

仲間意識わーい人が多い。

 

 


最近は 群ようこ のエッセイでゆるく活力をもらってる。


そして、酒粕蜂蜜パックで肌のケア。

 


昨日、古本屋で本を物色してたのね。
お辞儀みたいな姿勢でさ。

そしたらお腹の調子が

朝から悪かったもんで
知らず知らずのうちに
お尻から空気が出てたのよ。

 

筋力落ちたなあって実感したよ。

そろそろ筋トレ再開せねばいかんわ。

 


どすこいわい。

 

f:id:kyoto_kyo31y:20171209000040j:image

 

 

自分を守りたい

体調はなんとかなってる
三日間頑張れば久々の2連休

 

お家でゆっくりするもよし
京都のTOBICHIに行こうかな。


そういやわたしずいぶん前から
落ち込んだり悲しまないように軽〜いお薬を飲んでいるのだけれど(そんな深刻じゃないやつ)

それのお陰もあるのかあんまりずっしり落ち込むことはなくなった。

 

これのお陰で自分が守られてるような、悲しいことを忘れられるような気がしている。気のせいやけど。

 

 

 

 

最近仕事でお客様から誹謗中傷されて
ショックすぎて記憶が飛んだ


人間ってあまりにもショックだと必死で忘れようとするんやなぁ
すごい機能だなぁと思って、この機能があって良かったよ。

 

クレームとかはある程度受け入れるつもりで仕事してるけど
仕事への文句じゃなくてただの悪口を言う人がいることが驚きやった。

 

なんのつもりで言ってるんやろう。完全に傷つけるつもりでしか無い言葉。


悲しくてその場で泣きそうやったし、隣にいる先輩も何も助けてくれなくてやるせなくなった。

 


本当にしたい仕事なんて無いけれど

 

傷ついたり

 

それのせいでストレスを感じながら生きていかなくてはならない仕事なんて
する必要もないと思っている。

 

健康でいるための一番の秘訣は
やりたくない仕事をしないことって
内田樹も言ってた。

 


これからの時代は
やりたくないことを我慢して仕事する時代なんかじゃないと思う。

 

忍耐なんてなんにもならないそれのお陰で強くなるなんて何の意味もない

 

悲しくって傷ついて強くなるなら


一生弱いままで良いから親からもらった大事な自分を守りたいよ。

 

 

そんな考え間違っているんやろうか。

 

未だによく分からなくなるね。

 

f:id:kyoto_kyo31y:20171208115324j:image

これおいしいよ。

3わい

this world is like a bookshelf

 


最近、ブックオフで本を安く買うのにはまってる。


古着でセカンドユーズに慣れてから
古本も苦じゃなくなった。

 

 

さすがに生活感溢れる本は
手を出そうとは思えないけど
そこそこいい状態なら十分。

 


とある本に、

 

旅行先では塩を買ってかえる。日本では色んなお塩が手に入らないから。

 

と一文があったのさ。

 

 

私は色んなお塩が手に入らないからではなくて、その国の周辺の海の塩を食べられるなんて考えたらとてもロマンがある気がする。。。

 

 

日本に帰っても、旅先で食べられていたお塩を使えるなんて、、、

 

 

日本に帰っても、まだ旅先にいてるようなそんな気分でいられる気がしませんか?

 

だから私も旅行先では塩を買って帰ろうと誓ったよ。

 

 

 

今は、すごい時代やなあとつくづく思うね。

 

飛行機に電車に、数時間、1日あれば
色んな所に行ける。

 

旅行に行かなくても色んな国の物を
食べたりできる。

 

ましてや色んな国のひとと交流することもできる。

 

ネットの世界でも、普段の生活でも。

 


昔は、別の国に行くなんて夢のまた夢てきな事だったたろうに、今はお金があれば簡単に叶えられる。

 

夢があるようで
お金にすがるしかないとも言えるし。

 

 

さみしいようで
あったかい世の中。

 

 

 

唐突やけど今、行きたいところは
台湾、東南アジア、南米、ハワイ、ドイツ、ぐらいかな。

 

 

f:id:kyoto_kyo31y:20171130204353j:image

 

 

 

 

スパイシーな人生

なぜか、いま

私の周りにはインドの風が吹いている。

 

 

2週連続インドカレーを食べに行き
2週いや3、4週連続、カレーを作っている。


豆カレー、ダルカレーというものに
はまっているのだが
畑の肉である大豆のお仲間の豆なだけあって、

お肉を入れずしても大変美味しい。

 


良い感じに水分を吸って
とても、良い感じなカレーになってくれる。


それだけじゃなくて


藤井隆さんのライブをみに
代官山を歩いていたら

 

横浜で貿易業に携わっている
インド人と思しき外人に
カフェに行こうと声をかけていただいた

 

私はいま インドづくしなのだ。

 

とても嬉しかったのだけど
物騒なニュースが多いし
東京で変な思いをしまくって
ひとを信用する意欲がだだ下がりだったため

連絡先を交換せずお別れした

 

 

いま思うと、
外人の友達は欲しいと思っていたし


友達になればよかったなっと
後悔している

 

でも、貿易業してる人が

 

私 仕事〜なにしてるの〜?

相手 横浜に住んでるから〜貿易〜


うーん、ほんまかいな。

 

って思ってしまうんだなあ。

そんなふわついた会話だった。

 


色々思い返すと、
先週の土曜日は東京の夜を散歩していて

ふと立ち寄ったお寺が
縁結び関係だった。

 

だからインド人にも会えたのかもと思うと
なんか縁だなあと、

お寺パワーを実感するね。

 

 

一度も味わうこともなく
体験することもない
景色、本、映画、食べ物もたくさんあるんやね。

 

 

ひとつの出会いを、なんだって大事に

思えたら幸せだなあ。

 

あ。おいしい

あ。きれい

あ。かわいい

っとね。

 

 

あー、


もう一回、
代官山歩くしかないな。


(笑)

 

 

f:id:kyoto_kyo31y:20171127223115j:image

 

これ食べにいった

チキンビリヤニ

 

インド米がふわふわ

スパイシーで、美味しかった。

 

 

 

おいしいもの

こないだ

大学時代、栄養学を勉強していた同期に
'なかなか痩せられない'と相談していたら

 

おやつをやめないと、って言われてしまった。


私にとってはおやつはとっても大切で
どうしても止められそうにないので


それならダイエットを諦めるしかない

と思ってしまった…


こいわさんも言ってたけれど
最近粉菓子が美味しくてしょうがない。

 

昔っからシンプルな型抜きクッキーとかアイスボックスクッキーを作るのが大好き。

 

 

最近ガレットブルトンヌが好きすぎて自分で作ったけれど上手に出来なかった。

 

そこで、阪急の地下にブルターニュのお菓子を売っているお店があったので買ってしまった。

 

 

 

ガレットブルトンヌとフィナンシェとカヌレ


ガレット目当てやったけどフィナンシェがねっちりしててすごく美味しかった。

 
ガレットもおいしい。
でも、私はもっとバターの味と粉の味がしっかりする方が好き。


やっぱり家で作りたいなぁ。

 

 

 

人に食べさせたいとかそういう気持ちとは違うかもしれないけれど


マイペースにお菓子を作るのが日常になれば楽しいだろうなぁと思う。

 

凝ったフレッシュフルーツのケーキとかタルトとかよりも

 

焼きっぱなしのタルトやケーキ、クッキーを焼きたい。素朴でわかりやすいやつ。

 

子どもにも大人のOLさんにも食べてもらえるような気取らない、わかりやすいやつ。

 

上手に出来たら嬉しいだろうな。

 

f:id:kyoto_kyo31y:20171127101203j:image

 

カヌレはやっぱりダニエルのが好き。

 

f:id:kyoto_kyo31y:20171127101437j:image

会社で見つけた可愛いビスケット。

ナッツが入っていた。異国の味。

 

東京に焼き菓子ツアーに行きたい。

 

3わい

ふるさと


少しまえに、百貨店で美味しい

日本酒があったから

実家とじいじとばあばの家に送った


おとんとおかん、じいじとばあばにとって

お酒は体にあんまり良くないんやろうけど、

送らずにはいられなかったのよ

 


この前の連休に実家に帰って

じいじにお酒の感想聞いたら

 

「ばあばにはちょっとしかあげてない。じいちゃんが独り占めしてる」

 

って言ってて、

わたしはばあばと目を合わせられなかった


多分じいじは

ジョークで言ってたんだと思うけど


それで最近、

食と関わる仕事がしたいなって思って、

 

この思いも波があるんやけど。。。

 

じいじとのラインを見返してたら

じいじのあったかみを感じて

目がぼやけたんだな

 

 

それで、じいじのジョークも思い出したのね

で思ったんやけど

 

いま、ばあちゃん 軽いアルツハイマー

 お酒は頭に良くないのよ

 

 

ばあちゃん、結構お酒飲む人で

セーブが効かないひとやから

 

じいじがわざとお酒を隠して

ばあちゃんを守ってるんだろうなって

 

あんなに、お前はどうこうって

ばあちゃんの文句言ってるけど

 

 

本当は、愛情たっぷりなんやねと

 


はあ、夫婦ってすごいよ

 家族ってすごいよ

 

まだまだ家族にどっぷりだわ

 

 f:id:kyoto_kyo31y:20171119200011j:image


そんなじいちゃんに

 自分がやりたくないことをやらない姿を

 みせたいって思った

 

けど、やりたくないことをやらないってのは

 

やりたくないことをたくさん経験してから

こそなのかもしれないから

 

私はまだまだできそうにというか

やりそうにないのかもしれないね。

 

 


今日
小林聡美さんの ていだん
京大カレー部スパイス活動

という本を買いました。

 

f:id:kyoto_kyo31y:20171119195941j:image