なが〜いブログ

何というか朝焼けを見て感動するような気持ちを忘れたくないよ

 

っていう話で

 

一生青春なんで!
なーんてことは望んでないしむしろどうでも良いのだけど

 

女子はっていうか
女性ははすべからく、一人残らず愛されるべきなんですよ

 

それは村上龍も昔ananのエッセイで言ってたんですけどね。

 

だからね、私はもう我慢とかしないことにする。

 

一回きりの人生なんでやっぱりやってみたいって思ったことには挑戦したいな

 

人生長いし先のこと考えたら…とかその前にお金が…とか挑戦しない理由を考えたらいっぱい思い浮かぶんですけど

 

挑戦しない理由を考えるより
挑戦する理由を考えよう、と思った


私は精神的にタフじゃないし
もう、ちょっとしたことで凹んでベコベコになるし
そんでもって月に一回くらい仕事行けないんじゃないかってくらい落ち込みが激しくて

 

化粧もしないで電車飛び乗ってなんとか出勤ってこともあるんですけど

 

まぁ人間なんてね生き物だから浮き沈みもあるしね?

 

それでも23年生きてきたし、これからもずっとこうやって騙し騙し自分と付き合っていくんだろうなぁ


人生ってどんな経験を積んでいくかも大事だけど
どんな人と出会っていくかが大切な気がする。

 

今いる場所で、これからもっと素敵な人に出会える!という期待を抱けないのがなんか虚しい

私は私でもっと素敵な人に出逢っていきたい。

自力で。

 

今まで生きてきた中で


一度きりの出会いとか
短い年数だけど関わりを持てた人とか


もう二度と会えないことを思うと少し切ないんだけど

 

そういう人たちに出会えたこと

出会いに行ったことは


何一つ間違ってなくて全てが思い出だよ。
苦い思い出もあるけどね。


その人たちの人生もきっと素晴らしいものになると信じてるし、
だから自分の人生もその人たちに恥じないようなものにしないといけない。

 

珍しくこんなことを書いたけれど
自分の今の生活を手放すのはとても怖いことで


本当いうと勇気がない。

 

だけれど少しでも今日の気持ちが
自分の後押しになるといいなと思って記録に残しておこう。


自分は欠陥だらけの人間で社会不適合者だなぁーと思うんだけど


それでも生きていく道はきっとあるはずだ、どこかに

 

その人生にはやっぱり希望を持っていたいし


暗闇の道だと決めつけるよりも
光にあふれた未来を見ていたい、と思ってしまう

 

欲は尽きない。

 

尽きたら終わりだとも思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

とか下書きに書いていたけど
最近お酒飲むと気分落ちてダメだな〜


宅飲み好きで割としょっちゅう一人で飲むけど
必ずと言っていいほど後で落ちるね…
飲んでる時は楽しいのに…

 

こないだは先輩に日本酒バー連れてってもらって
夜中に久しぶりに一人で吐いた…

 

日本酒好きなんだけど向いてないんだろうな
あと、やっぱり今年の暑さにやられてる


最近思う
安定を求めてるんじゃなくて、安定に身を預けてるんだ
今の生活は本当に恵まれてるもの。

 

これが一人になった時にどう生きられるんだろうか、
どう生きるんだろうか。

 

 

……………………………

最近よく映画を観る
まぁ、最近に限ったことじゃないけど

 

映画は現実逃避。
観ている間だけは色んなことを忘れて別世界に行ける
(小説もそうなのかもしれない。)

 

最近見た映画で凄かったのがある。

 

"ディストラクションベイビーズ"
邦画でここまでショックを受けるのが久々で、次の日、本当に会社行けないかと思った…。

 

インディペンデント系の監督の映画っていうか大衆映画ではない映画で

あんなのよく大々的に放映してたよなぁーってくらい暴力が生々しく、いや〜に描かれてる。

 

しかも主演柳楽優弥菅田将暉、キャバのボーイ役に池松壮亮使うくらいの豪華さで

 

あのメンバーであの映画を作ろうと思ったのはちょっと考えがわからない。

 

アクションもバイオレンスも割と何でも来いで過激なグロもある程度フィクションだと思えば耐性のある私だけど

 

あの映画の暴力だけは非常に嫌悪を覚えてしまった。


罪のないごく普通の生活をしている人間が
ワケもなく唐突に暴力を振るわれたり
殺される意味って何だろう。

 

それから監督自体が映画を通して暴力の善悪を明確にしていないことと

 

「楽しけりゃいいけん。」ってそれだけで済まされてしまう殺傷って何なんだろう。

 

一つ言えるのはまぁ、見て損な映画ではなかったかなってこと

 

私たちは普段見たくないものには蓋をして生きてるんだなぁ。

暴力はいかなる理由があってもダメだと思ってる 。

 

だけれど暴力って、そもそも理由なんてないんだよ。衝動なんだ

 

それを2時間近く通して見せつけられるってすごい映画だな。

 

 

人間の理解できないところに1番恐ろしさを憶える

 

醜さもズル賢さもいやらしさもどろどろにスクリーンに蔓延ってて映画館で見てたら最後まで見れなかったかもしれない。

 

 


私たちは日々何かしらの小さな暴力に脅かされて生きている

 

のかもしれない。

 


さて明日も生きるか。

 

 

 

3わい

 

今年で生誕24周年

ふりかえってみる

 


少し自分を整理してみようと思う。

意味があるかはわからないけど、

自分がしたいと思ったから

きっと意味がある事なんだろう。

 


まずは幼稚園から。

年中さんから入園して、

園のお遊戯で一度だけダンスをしたことを

覚えてる。

自分からやりたいっていうたのかな?

これはうろ覚え。

 


友だちとは特にグループをつくらずに

適当におままごとをして遊んでたような気がする。

 


小学校では

仲良い友だちと遊ぶのが8割だったかな。

あまり記憶がないなあー

運動場とか公園とか誰かの家で

遊んでたなあー

 


中学校は

女子だけに囲まれた女子校生活で

元々悪い印象もなかったけど、

色々アホなことして女子校生活を

楽しんでた気がする。

バレーボール部に入部して、

先輩の洗礼を受けて、社会の厳しさを

味わったといいますか。

よく言うやつやけど…

 


高校は

中学校からエスカレーターでそのまま入学。

ソフトボール部に入部したけど途中で退部したな。

それも日焼けが恥ずかしくなった

って言うだけの理由で。

当時のみんなごめんな。

 


文化祭はグループのなかで1番良かったで賞を

もらって、おきまりの

みんな、ありがとうっていう一言を

放ってたのを覚えてるなあ。

典型文すぎて恥ずかしいな。

 


大学は

食物栄養学科か生活造形学科かで迷って

ものづくりが好きという理由で

生活造形学科に入学。

 


大学でいろんなひとを見れて

すごく刺激になって、良かったなと思う。

 


ふらふらと大学生活を送り

何を学んできたのだろう。

 


大学を卒業して社会人になって

会社に入って新入社員を経験。

 


ただスキャンをとって

データ整理して意味のあるのかわからない

資料をつくって、家に帰ることの繰り返し。

 


やりたいことをやるんだと言って

退社したものの

洋菓子屋は2ヶ月半くらいしか続かず。

 


結局何がしたかったのか

 


東京では友だちと

何か面白いことをしたい!

起業したい!

と夢を語るだけ語って行動には移さず。

 


そやけど一回だけお菓子作って売ったなあ。

そこで商売の厳しさを経験して

このままじゃダメだという思いが強くなって。

 

 

 

夢を語るちからはあっても

行動に移すちからがないなら

夢を語る意味なんてないのかな。

 

 

 

起業したいっていうてる子がいて

その子は今までも誰かを巻き込んで

成し遂げてるものが多くあって。

 


一生懸命に素直に努力してるから

人を惹きつけるんやろうなあ。

 

 

 

そんな経験したことないな、

途中で諦めて逃げてばっかりやあ。

 


そやのに

何か自分は出来るんじゃないかって

自意識過剰になって

でも何も出来てないから嫌になって

諦めて逃げる。

 


その繰り返しや。

 


わたしもひとりの人間で

わたしだけじゃ、なにもできないし

 


誰かと話すこととか関わることで

生まれることっていっぱいあって

もっとひとと関わらないといけないのよな。

 

ひとと関わることを避けてきたなあわたし。

勿体無いことしてきたなあ。



しんどくても続けることって大事やな。

みんな頑張ってるんやから。

みんなの頑張りに比べたら

わたしなんてミジンコですわ。

 

おとんおかんごめんなあ。

 

 

どすこいわい。

 

 

 

お腹へダイブ。

 

いまわたしは、

貯金を生活費にあてている。

 


といっても、実家暮らしで

実家のごはんをたべている。

 


あまりに浮き沈みのない生活で

脳みそのシワがどんどんと

減ってるような気がする。

 


そんなこんなで今日は

近所の喫茶店にパフェを食べにきた。

 


2軒あって、迷った挙句

人がいい感じかなあー

ゆっくりできそうやなあー

と思った方に入店してみた。

 

 

 

いま、注文したパフェがやってきた。

 

 

それといま、クロワッサンを読んでる。

 


そしたら、田舎のおばあちゃんの

 

「こんにゃく作るときに今はソーダを使うんや」

 

との一文。

 


そ、そ、そーだ!

 

ソーダ!!

 

なんと懐かしい響き。

 


普段 炭酸と言ってしまうわたしが

恥ずかしい…

 


その一文を読んだとき

 


小学生の頃、夏の日の学校帰りに

ソーダでカルピスを割った

カルピスソーダを飲むのが

楽しみだったこと。

 


それをうっすらと思い出した。

 

 

 

ここでカルピスの二大不思議。

 


1、家で作るカルピスと市販のカルピスは味が違う。

 


2、家で作るカルピスソーダは市販のカルピスソーダに劣る。

 

 

 

うん。

 

 

 

うん。

パフェ美味しかった。

パフェに乗ってる

生クリームって

植物性に限るなと思った。

パフェに乗ってる

生クリームとチョコレートソースの相性は

マヨネーズとブロッコリーとの相性ぐらいに

いけてる。

 

 

 

 


はあー早よ働こう。

 

f:id:kyoto_kyo31y:20180704153440j:image

喫茶エリートのチョコレートパフェ

 

日記

日記

すごく眠たい
毎日毎日とてもねむい


月一の病院に行って商店街のカルディーに寄って
茶店でコーヒー飲んで帰ってきた
まだ午前中だ、嬉しい。

 

近鉄に乗る喜び。赤いベルベットみたいなシートが好きだ

田舎の風景も 落ち着くので好き。

 

今更だけど母校の付近を散策したいと思う

 

六道珍皇寺に行きたい 

とても印象に残っている地獄の入り口

 

 

スケラッコさんの漫画が好きだ。グルメ漫画もだけど大きい犬の話も好きだ

 

なんか胸の奥を摘まれる感覚。
こないだTシャツも買った。
夏が来るのが待ち遠しい。

 

 

最近とても本が読みたくて、買うはいいけど一瞬で読み終えてしまう。 


大人になったら本もマンガも好きなだけ買うって決めてた。

 

いまは好きな本を好きなだけ買うことが出来る。
ひとつ夢が叶っている気がする。

 

水を得た魚のように字を読むというか吸い込むのが楽しい 心が潤う気がする


ぴょんって逃げられる場所はいつもすぐ近くにあった
それは小学生の時の朝休みから変わってない

 

 


今日の日記。

 

おやすみだ


錦市場の近くの美容院に行って髪を染めた


イルミナカラーっていう透け感のある色らしい…よく分からんけど

とにかく柔らかそうな色で好き。

 

今の美容院、まぁまぁお値段するけど適正価格だと思う

 

何より仕上がりが気に入っている。


髪によって気分も変わるし美容院が好き

 

髪を切って新しく生まれ変わって
会いに行くから。

 

 


昨日はなかなか眠れんくって昔買った雑誌をペラペラとめくっていたら
夜中の2時になっていた

 

最近物を減らして行きたいと思っていて


というのもどんどん新しい物が増えて行くから

 

昔好きだったアーティストのグッズや雑誌も手放したい
今必要な人の手に渡ればいいなと思う。

 

好きなものは変わっていく、それでいいと思うずっと変わらないものがあるならそれもいいただ、それを貫くのも疲れてしまう。

 

最近地震があって少し考えた
人生は自分が思っているより短いのかもしれない


今何がしたいか何をすべきかそれを考えて取捨選択していかないと
いつのまにか空洞になってしまうよ。

 

 

京都に出向いて、そうだ、立誠シネマって映画館無くなったなーって

 

サッドティー、ワンダフルワールドエンド、どうしても触れたくない、バンクシーダズニューヨーク、アメリカンスリープオーバー

 

多分これだけ、もう少し見たかしら

 

一人で見る映画が好きだった。
小さな教室に座椅子を置いて映画を見た。

 

ああいう場所が無くなってしまった。


私にとってはあの場所が心の拠り所みたいな場所だったんだな
無くなってから気がついた。

 

アメリカンスリープオーバー
お泊まり会は朝になれば終わる
永遠にはその時の輝きは続かない。 

 

だからこそ尊いんだろう。
私にとってあの映画館はそういう輝きを宿した場所だった。 

 

大事な思い出はそっと胸にしまっておこう。
そしてたまに思い出して
くすぐったくなったり泣きたくなったり
幸せな気持ちになろう。


そうすれば行きていける気がする。


日記をまとめてみました。

 

一人は楽しいが

1人は楽しい

 

好きなものが多いんだ。
食べることは大好き!
音楽を聴くことも大好き
服も好きだよ、センスあるないは良しとして
動物が好きだし犬が好きだから家にいたい
でもお買い物お出かけすき

 

昨日と今日と1人行動が多かったのでそんなことを思っちゃったよ。


23の目標だった1人立ち飲みは達成。
気になっていた北新地駅ナカの"千本"ワインとタパス美味しかった…
機嫌良くなると顔に出るよねぇ。
1人で微笑んだりにやけちゃったりする。

 

でもね、飲んでて食べてて分かった。
美味しい!は共有したいのだ。
本当に美味しい!に出会った時は、ねぇねぇめっちゃ美味しくない?って分かち合いたいんだなぁって思った。

 

でも好きなものを好きなだけ食べれるのは幸せだ。ほんと

だから一人が好きなんだろう

 


今日は久しぶりに美容院行って夜まで時間があったからカフェ入ってご飯
人気のカフェ 町家を改装してるから落ち着いた雰囲気
メニューはちょっと平凡だったけど
あと、BGMがやたらアップテンポで音量が大きかった これはマイナス点だ。
特製カレーは美味しかったよ。

 


1人は自由だな。
でも1人ばっかりだとつまらない。
たまには人と会ってくだらない話をしたいし、
思っていることを口に出したい。

 

私口下手だと自負してる割には
おしゃべり大好きだし、おしゃべりに責任は持たないし

でも、楽しければね、それで良い精神。

 

最近人に優しくされたいなぁ、って元も子もないことを思っていて
それよりも人の優しさに気が付けるようになりたいと思う
その為にはまず自分が優しくならないといけないなぁ。

 

 

人に優しくされたいってすごい根本的な願望よね。
人に愛されたいとかその前に優しくされたいって誰だって思ってるはず。

気持ちが弱っている時は特に
気持ちが弱っていることにさえ気が付けない時もあるけれどね。


まずは自分で自分を許して優しくしてあげないとね。


街を歩いているとこの人たちの愛の矛先はどこなんだろうとか、
人がいるだけ誰かを愛したり愛されたりしているんだろうか

 

なーんてことを、ふと考えてしまって

 

ちょっと虚しくなる。

 

5月が終わる。

 


5月17日に書いていた日記を少し加筆したー

f:id:kyoto_kyo31y:20180530214034j:image

買った〜。今度犬ヶ島観に行くよ。楽しみだ

4月

 

4月は何となく慌ただしい気持ちになるね、思わない?

 

環境の変化とか、そういうのにどう対応すれば良いんだろうね。
慣れないなぁ、、

 

四月だからとかではないけれど新しいことを始めたくなって
中国語をもう一度勉強しようかなと思いテキストを買ったよ。
まだ手付けてないけど、、、。

 

中国語話せたり聞き取れたらいいなぁと思う。
ことばの響きが美しくて好き。

台湾に行った時に簡単な会話がしたいなぁ、と思って。


あとは、仕事用ではなくて会社に行くまでの靴を新調したり(レペットではないメイドインジャパンのバレエシューズ)LUSH福田花音ちゃん(元スマイレージ)と同じクレンジングを買ったり
お金が目に見えて飛んで行く。。


でも、季節外れの誕生日プレゼントを貰ったりしてなんだかむず痒くて嬉しかったなぁ。

人から何か貰ったりあげたりするのって好き。特に特別な理由もなく花束とか貰ったら惚れちゃうかもね💐


最近興味があること…なんだろう仕事が忙しくて(とか言い訳)映画も見れてないなぁ。

 

ただ一つ今気になってるのがたまたまテレビ出見た朝鮮戦争のこと。
この間NHKのドキュメンタリー番組で草彅剛が韓国にちょっとだけ住んでみるってのがあって、
たまたま仕事から帰ってきてぼーっとテレビ見てたら深夜の1時くらいから始まったのね

 

草彅くんが住むことになったのは北朝鮮に近い韓国の地域で、そこには脱北者の人たちが独自の地域のコミュニティを作ってた

 

日本を嫌っているってこと、それだけが先走ってて私はあんまり好きになれなかった国

 

だけど番組の中でおばあちゃんが
日本人が嫌いなわけじゃないの、ただ胸が痛いの
そう言ってた。

 

そりゃそうだよなぁ。大好きな故郷から追われて家族や友人ともばらばらになって
自分たちが悪いわけでもなんでもないのに国を真っ二つにされて

 

それが良い思い出になる訳なんてないよなぁ。

 

私たちも結構そういうことあると思うんだよ
嫌いなわけでは無いんだけど
その人に言われたされた事がずっと胸に引っかかって
ただ胸が痛いってことあるよね?

国単位で見るといい面も悪い面も極端に見えるけど
人1人を見ていたらただ故郷に帰りたいひと、家族に会いたいひとがいるそういう実態が現実なんだ。

 

戦争は本当に理不尽に人から色んなものを奪ってしまう。

 

海外に行くと日本って割と人気があって親日な国も多くて、って思うけど

過去の歴史とか、その中の本質を見ないと分からないことっていっぱいあるんだろうなぁ

 

私はやっぱり旅に出たいなぁと思うし
もっと色んな知らないことを知りたいなぁと思う。


突然そんなことを思ったりしたけれど、気がつけばもう桜が散っている。
今年はお仕事であんまり外を見る暇が無かったな…
桜のエネルギーとか毎年必ず咲いてくれる安心感とか


すごい。

 

「今年も」とか「来年も」とか分かり切ってることってそうないから
だからすごいなぁと思う。

 

友達ともね、今年も会おうねって言いたいなぁ。今年は、は嫌だよ。

 

今年もよろしくね。2018年になって3ヶ月たったけど
今年も会おうね!

 

 


3わい

23歳のはる。

 

2018年4月1日から

近くの洋菓子屋さんで

働かせてもらうことになった。

 

 

 正直、根暗で対人力が無いため

めちゃめちゃ緊張している。

本当に緊張している。

怖い。胃が痛い。

涙出てくる、これは緊張でやけど

 

職人の仕事で

怒鳴られたりするのが

当たり前の世界や

 

でもその世界知らんのに

店を持っていいのか

お菓子好きやって言うていいのか

って思ってたことであるから

絶対通らないとあかん道なんやわ

 

 

たぶん辞めたいと思うでしょう

現実見て泣くこともあるでしょう

休みはないでしょう

 

でもこれから

私が身を置く環境は

どんな人よりもきっと

甘い甘い環境で

比べもんにならんと思う

くそ甘く生きてきたから

私が今まで経験してこなかった

怒られて縮こまんのを経験するチャンスやな

 

辛い時にこそ

下をみて自分を励まそう

 

 

学校出てないからこそ

でっかくなりたいし

学校出てなくてもできるって

証明したい

 

 

何も始まってないのに

始まることに恐怖を感じる私でした。

 

 

f:id:kyoto_kyo31y:20180330133445j:image

 

 

どすこいわい🍙

 

会社辞めて実家戻ってきて

だらだらしてて

あれ私、お菓子屋さんやりたくないの?

ってだらけてた時があったけど

 

 

終わらせる勇気があるなら

続きを選ぶ恐怖にも勝てる

続きを進む恐怖の途中

続きがくれる勇気にも出会う

 

 

これからの環境は、

自分がやってきたことが

そのまま私になって現れると思う

こうじゃないと思うなら

努力と経験が足りないだけ

色んなものを見て目を肥やして

自分のものにしよう

 

人間力と対人力と忍耐がないのも

今までやってこなかったからで

 

少しずつしかできないと思うから

 

 

いつまでもお菓子を見てられる

洋菓子店を持つまで

小さな目標を糧に

恐怖やら挫折に向かっていこう!

 

そして結婚もする!

そしてフランスとドイツで郷土菓子を見まくる!